ライフスタイルから食費を抑える方法

買いだめして節約するコツについて

買いだめで、節約するコツは、専業主婦向きです。、
まずは、チラシ等で、スーパーの安売り日をチェックしましょう。
曜日によって、安売り日をもうけているというところもありますから、何曜日に何処のスーパーが安いか、何が安いか等、把握しておくと良いです。

この方法は、1週間分の食材を買いだめするのですが、予め献立は決めません。
とにかく、安売りのものを買うのです。
食材によっては、冷凍できるもの、すぐに使った方が良いものとありますから、その辺りはうまく識別します。

識別しましたら、その材料で作れるメニューをインターネットで探します。
たとえば、刺身が特売だったので、刺身を買ったとします。
その他に、豚肉、鶏肉、切り身のさかな、アボガド、レタス、キュウリ等のサラダに出来る野菜、大根、ニンジンと言った根菜、エノキ、シメジ等とキノコ類を買ったとします。
冷凍保存できない刺身とアボガドで、その日はアボガドと刺身の丼物を作ります。

その他に野菜サラダ等の野菜のメニュー、みそ汁等を作りましょう。
冷凍できるものは、全て冷凍保存して、1週間で使い切るのです。
次の日の夕食は、冷凍のお肉や野菜を使ったカレーにする等、うまく使い回しすると、ムダにならないで済みますから、節約できます。

夜の特売など食材を買うタイミングで節約するコツは?

夜の特売を利用するのは、共働きの主婦向きです。
平日の昼間の特売日に買い物は無理ですから、週に何回か、夜の特売を利用しましょう。

大体のスーパーは閉店近くになると、値下げを始めます。
お惣菜やお肉、魚、刺身等が何パーセントか安くなるのです。
共働き主婦の場合、仕事で疲れてしまい、夕飯の支度の気力がない時もあるでしょう。
その場合は、無理せず、割引のお惣菜を利用しましょう。

毎回になると、費用がかさむので、1日おきにするとか、週に何回にするとか、予算はいくらまでとか、決めておくと良いです。
うっかり買い過ぎを防げます。
食べ盛りの子供がいる場合は、割引のパン等、すぐに食べられるものを買って、子供の空腹をしのげるようにしてあげましょう。
そして、週末等にカレーを作って冷凍しておく、豚肉の生姜焼きを作って冷凍しておくなどして、平日のピンチを乗り切るようにすると、良いです。

習慣化することが大切です

上記にご紹介した節約術ですが、大事なのは、習慣化することです。
何事も楽しくないと、習慣化できないものですから、料理や買い物を楽しみながら、続けましょう。
その際、我慢することばかりでは、ストレスになるので、節約できた分をためて、家族で遊びに行くとか、外食に行くとかの楽しみを考えましょう。

子供達には、楽しい思い出が必要です。
毎月1回位は、何かしらのお楽しみを作ってあげましょう。
そうすることで、子供達も節約に協力してくれます。