スーパーの店員に聞いた!上手な買い方

スーパーのチラシをチェックすると、お買い得情報が見えてくる

スーパーのチラシは、お買い得情報をチェックするのためには、必需品です。
しかし、惑わされていけないということもあります。
それは、季節や行事に関するような情報です。

たとえば、春ですと、お花見や母の日、夏はお盆や子供の夏休み、秋はお月見やハロウィーン、冬は、クリスマス、お正月、豆まき等の季節のイベントがありますから、それに因んだ商品の情報がチラシに多く書かれているでしょう。
その情報が要注意です。
そこに書かれている商品はそんなに安くありません。
行事にかこつけて、売りたいというものなのです。

しかし、お得情報はあります。
まずは、Zの法則です。
人は、物を見る時にZの順に目が行くということなので、お買い得情報はこのZの部分に乗っていると言われています。
特にZの書きだしの左上部分には、かなりの確率で、お買い得情報があるようですから、要チェックです。

そして、○○デーという日に注目すると良いです。
○の部分には、ポイント2倍とか、10周年記念、100円均一等、そのスーパー独自の文字が入ることがあります。
そのような日は、そのスーパーでも売り出しに力を入れている日です。
特にチラシには、お買い得情報がびっしりという場合もあります。

陳列棚の見切り品はお得

スーパーにいらしたら、陳列棚をよく見まわしてください。
陳列棚には、見切り品やお買い得品が置いてある事があります。
こういった商品は、店側としても、売りたい商品なのです。
見逃してはいけません。

「しまちん」という言葉をご存知でしょうか。
これは「島陳列」の略です。
島陳列とは、島のように陳列されているということで、スーパー内の陳列棚から、少し離れたところで、段ボールやワゴンに島のように陳列されている商品を言います。
この「しまちん」がお買い得なのです。

また、「エンド」という陳列棚の隅っこにも、お買い得商品が置いてあります。
セール品や値引き品も多いので、要チェックです。

そして、「じゃまちん」と「つきだし」も、見逃してはいけません。
「じゃまちん」は、陳列棚の横に置かれている小さなワゴンのことで、野菜、果物コーナーに置かれていることが多く、賞味期限の近い見切り品が格安で売っています。
「つきだし」は、陳列棚から、飛び出したように、置かれている小さな陳列棚のことです。
ここは、注目品が置かれています。

プライスカードに注目しよう

プライスカードは、必ずあるものですが、ここでちょっと注目したいことがあります。
プライスカードの中で、他のプライスカードと違う色のものがあるのですが、見たことはありますか。
この他のものと違う色のプライスカードの商品は、お買い得品なのです。
チラシで紹介された商品だったり、少し値引きされていて、お得な商品だったりするようです。

このようなお買い情報を参考に、お買い物なさってください。
きっと、お得で良いものが、手に入るでしょう。