レッツトライ!昼食代の上手な節約法とは?

IMG_1857 (1)1

食費節約に貢献できます!

仕事をしている方の中には今日の昼食はどこで食べようかと頭を悩ませている方も多いはずです。
毎日昼食代がかかると考えると、結構な金額になるもので食費に占める割合もかなり大きくなります。
我が家の場合は現在夫だけが外で昼食をとっているので毎日昼食代を含めたお金を渡していましたが、現在は食費節約のために昼食代を渡すことが少なくなりました。
ここでは私が昼食代の上手な節約法として実践していることをご紹介します。

昼食は愛妻弁当に

夫は昼食といえば常に外食ばかりしていましたが、昼食代だけでも一ヶ月に2万円近く渡していたのでこれはさすがに多過ぎるなと感じていました。
この他にもお小遣いを渡さなければいけなかったので、さすがに家計にも響くようになってきたため、昼食代の見直しを図ったのです。

昼食代を削って一日500円くらい渡そうかとも思いましたが、あまりお金を気にしながら昼食をとるお店を考えなければいけない夫の姿を想像すると、さすがに可哀想だと思いました。
外食が続くと栄養バランスが乱れがちになるので健康にも不安を感じ始めていたことから外食も避けたいと考えていました。
これらの問題を解決するためには、やはり愛妻弁当しかない!と考えて、夫にも協力してもらって昼食は毎日お弁当を持参してもらうことにしました。

愛妻弁当とはいっても、特別なおかずを入れているわけではありません。
前の晩に作ったおかずをリメイクして使うこともありますし、大量に作り置きをしたおかずを冷凍保存しておいてお弁当に入れる時もあります。
きちんと栄養バランスも考えたおかずにしているので、夫の健康管理は私が責任を持ってやっているという自覚が芽生えて一石二鳥だなと感じています。
お弁当にしてから昼食代の節約効果を実感できるようになり、食費の金額がかなり削減できました。

お弁当持参が難しい時

基本的には愛妻弁当を持参してもらうことになりましたが、月に数回ある出張の際にはお弁当を持たせることができません。
この時だけは外食になってしまうのですが、できるだけ安く食べることができるお店を選んでもらうようにしています。
元々商品単価が安いお店も良いのですが、ランチタイムになるとかなりお得な料金で提供しているお店もたくさんあります。

そこで、出張に出かける前には私が行き先を聞いておき、ランチメニューが安くて美味しいと評判のお店をネット上の口コミを参考にしながら探しておきます。
いくつかのお店をピックアップしておき、夫が出張に出かける前に教えておくことで、夫はその日の気分に合わせて好きなお店を選んで行くようにしています。

このように昼食代の節約を意識するようになってから、自然に夫とのコミュニケーションが増えるようになったので結果的に良かったなと感じています。