手軽にできる!貯金のアイデア3選

不況を乗り切る貯金術

a0001_017161
老後は年金がどうなるのかわからない、夫の会社が突然倒産するかもしれないなど将来に対して何かと不安を感じることが多くなっている現在ですが、その不安を解消するためにもしっかりと貯金をしておくことが大切です。
欲しい洋服を思い切って買いたい、家族揃って旅行に出かけたいなどの希望を叶えるためにも、貯金をする習慣を身につけることが大切です。
今回は手軽にできる貯金のアイデア3選として、ぜひ実践していただきたい事をご紹介します。

参考:ゲーム感覚で貯金する。チリツモ貯金のユニークなアイデア集

チリも積もれば…貯金

貯金をしたいけど、なかなか持続しないという方はお財布に入っている小銭をかき集めて貯金をするチリツモ貯金がおすすめです。
まずは1から365までのマス目をエクセルなどで表を作って準備してください。
一年間365日かけて貯金を目指すもので、例えば365円を貯金箱へ入れた時には365のマスを塗りつぶします。
毎日コツコツとお財布に入っている小銭を活用して貯金をするのがポイントです。

給料日が近くなると恐らくお財布の中身が寂しくなってしまうという方も多いので、その時のために金額が低いマスを開けておくことをおすすめします。
もちろん、小銭に余裕がある時には2マス以上を埋めても構いません。
一年間かけて全てのマスを埋めると、約6万7千円近くお金が貯まっています。

幸せ貯金

今日は何か良いことがあったなと感じた時に貯金をするものです。
気分が良い時には気前よく貯金できるはずなのでおすすめの方法です。
いいことがあった時には大人が100円、子供は10円を貯金しようというルールを家族の中で作っておきましょう。
ペットボトルなどを活用した中身の見える貯金箱を用意しておくと、今までにこんなに良いことがあったのかと感じられます。
逆に気分が悪くなった時にも貯金箱を見て幸せを感じた時の気持ちを思い出させてくれるので、ストレスを溜めずに生活することができます。

つもり貯金

タバコを吸ったつもり、昼食を外で食べたつもり、飲みに出かけたつもり…などその都度何かを我慢してお金を使わなかった代わりとして貯金をする方法です。
つい無駄使いしがちという方におすすめの方法で、本当は何も考えず簡単に使ってしまうところだったお金も、一度冷静になって考えてからやっぱり貯金をした方が良いと考えなおすことができる方法として最適です。
つもり貯金に慣れるほど、余計な事にお金を使わない思考を手に入れることができるので、結果的にはかなりお金が貯まりやすくなって、いつのまにか思っていた以上のお金を残せる可能性が高くなります。

このように貯金のアイデアは色々ありますが、やはり大事なことはお金を残そうという意識を強く持つことです。
大きなお金をまとめて残そうとすると大変ですが、少しずつ貯金をする意識を育てることでどんどん金額をアップさせることもできます。