「先取り貯金」のやり方とメリット

貯金の悩み

世の中には貯金ができない人というのはたくさんいます。
これは性格的な問題としてお金があればあるだけ使ってしまうという人もいれば、雇用状況の問題として日々の生活がカツカツであるために貯金ができないという人もいます。
今の生活が成り立っっているから大丈夫、という気持ちが働くために、どうしても先々のための貯金というのは難しいものなのです。

しかし、何か困ってからでは遅いものです。
手元にまとまったお金がなくて、それでも緊急を要してお金を用意する必要があるとなると借金をしなくてはならなくなります。
そのようなことにならないように様々な方法を試して自分の中で苦労せずためられる貯金用法を身につけることが重要です。

先取り貯金の勧め

貯金する方法の中でもよく取り上げられるのが先取り貯金です。
これは、給与の振込がされたらまず最初に貯金をするという方法です。
天引きをすることや、私的年金に回したりということで手元からお金をなくすことが成功しやすい方法としてあります。

多くの人が貯金をするに当たって失敗するのが残ったお金を貯金しようとすることです。
どうしても人というのは手元にお金が残っていれば使ってしまうものです。

そこで、目の前から最初にお金を無くしてしまえば、手元に残っているお金で生活するようになるものです。
手元に残っているお金だけで生活するとなると不安に感じる人も多くいるものです。

しかし、実際には私たちの日常生活の中ではロスも多くあります。
手元のお金で生活するとなると、残金が明確となるのでこのロスを抑える効果もあります。
そのために貯金もできますし、さらには節約グセも身につけることができます。

先取り貯金を上手に行うコツ

やはり、続けられなければ貯金はうまく行きません。
そこで、無理のない範囲で始めることが重要です。

成功すれば、翌月以降も頑張ろうと思えますし、もっと貯金額を増やそうという気持ちも芽生えます。
そこで貯金が苦手であるという人は、最初の月には少し余裕のある金額を設定することがオススメです。
成功して、なおかつ月のお金に残金が発生すればさらにやる気が出てきて貯金が頑張れます。

次に、具体的にいつまでにいくらくらいお金が必要という場合には計算をして明確な金額を提示することがオススメです。
例えば、1年後までに結婚資金として50万円の貯金が必要となれば一ヶ月の貯金額はこれを単純に12で割った金額となります。
そのように明確な数値が決まってしまえば、それを達成するために毎月の生活費用がどのくらい、外食は何階くらいできるのかといった明確なシミュレーションをすることができ、ゲーム感覚で貯金や節約を楽しんでいけるようになって行きます。

やはり、長く続けるためには楽しむことが重要です。
無理に苦しみながら行うのではなく、ゲームのように一つ一つ課題を作りクリアして楽しむことが重要です。