お得な切符の種類と活用法

交通費の節約

私たちの生活の中で電車の料金というのは節約ができないものであるという認識をしている人も多いものです。
移動費用というのはある程度金額が決まっていてそれは割り引かれないことが多いためです。

例えば、飛行機というのは競合他社との価格競争があるために様々な割引制度が設けられています。
しかし、多くの電車はライバルが不在なために顧客の取り合いがないのでこのような価格競争による割引が起こらないのです。

実はある、電車の利用料の節約方法

電車の料金を割安にする方法はいくつかあります。
ただし、飛行機のような大掛かりなものは少なく、あまり期待をしているとがっかりすることも多いです。

小さなもので行けばパスモやスイカといったものを利用すれば切符を購入するよりも安い料金で乗ることができます。
それ以外にも定期券も同じく週に4日以上同じ路線の同じ駅を利用するならば割安で切符の購入ができます。

他にも回数券を利用するという方法があります。
回数券というのはサービスで1枚多く券が発行されます。
そのために1回無料で電車に乗るということができるのです。

ただし、回数券には利用条件や使用期限があります。
そこで、期限内に利用できないと逆に割高になりますから、購入の際にはしっかりと日付確認が必要です。

フリーパス

意外と忘れられがちでありながら、とても便利なのがフリーパスです。
これは一日乗車券といった名称のものもあります。

名前の通り一日乗り放題となるチケットです。
途中下車をしてもまた乗ることができるので、一日でいろんな場所に買い物に行ったり観光をしたりという日には、交通費の節約にはとても役立ちます。

ただし、一日乗車券を利用する際には注意事項の確認が必要です。
場合によって利用できない区間があったり、勘違いをしていて別路線の電車への乗り換えが必要だったりすると利用できず逆に割高になるケースもあるためです。

チケットショップの活用

大きな電車の駅の近くにはチケットショップがあることが多いです。
チケットショップには電車の割引券が取り扱われていることが多いです。

チケットショップというのは定価よりも少し安い金額でチケットが販売されています。
そのために割安なチケットがさらに割引価格で購入ができるのです。
回数券を1枚だけといった買い方もできるので上手に活用すれば節約効果が高まります。

同様に余らせているチケットを売ってロスを防ぐという効果もあります。
もちろん買取価格というのは定価よりも安くなってしまうので、全くの損がないわけではないのですが、ロスの割合は防げるので是非とも利用したいものです。
チケットが取り扱われていないケースもあるので、欲しいチケットがある際には早めに覗くことがオススメです。