タクシー代を節約するテクニック

タクシーを利用する

タクシーを利用するというととてもお金を使うことに思えます。
しかし、時と場合によってはタクシーを利用することが決して無駄遣いではないこともあります。

例えば自家用車を購入せずに必要最低限タクシーに乗るようにする方がランニングコストが抑えられるということもあります。
車というのは意外とお金がかかります。
購入費用はもちろんですが、ガソリン代、税金、車検といったものを利用していると相当なお金が発生するのです。

タクシーであれば必要な時だけ呼んで運んでもらえるので、ランニングコストは大幅に削減ができるのです。
また、タクシーを使うのは無駄遣いという頭があるために、日頃から自家用車のように頻繁には使わず自然と必要な時だけという頭が働くので節約効果も高いのです。

タクシー代の節約をする

とはいえ、タクシーに乗ればそこそこのお金がかかります。
そこで、タクシーに乗る際に乗ったタクシー代の節約ができる方法を知っておくことがオススメです。

まずはタクシーを自宅に呼ばないことです。
自宅まで来てもらうと一般的なタクシーは迎車代として300円が取られます。

これが、自分でタクシーの停車場まで行けばかからずに乗ることができるのです。
この迎車を利用せずに停車場まで行けばそれでタクシーの移動距離を短縮できてトータルのタクシー費用の節約となることもあります。

次に、利用する道路を上手に選ぶことです。
運転手さんによってはどのみちにするかということを聞いてくれることがあります。
これは、利用する道を上手に選べば節約効果が期待できます。

タクシーというのは、渋滞にハマれば停車している時間もタクシー料金が加算されていきます。
そこで、上手に裏道を活用して渋滞を回避することができればそれでもタクシー代は節約ができます。
日頃から、少しずつ道を覚えておき、早く走れる方法を知っておくことが重要です。

運転をしない人はなかなかこの抜け道が覚えられないものです。
そこで、タクシーに乗った時に運転手さんに尋ねて道を教えてもらっておくこともオススメです。

最後に個人タクシーを利用するのもオススメです。
個人タクシーは料金設定が割安なケースが多いので、利用すると数十円でも節約をすることができます。

また、定期的に依頼をしておけば関係性も良くなり少しながらもおまけをしてもらうことができるケースも多くあります。
他にも日頃から利用することで向こうもサービスをしようと抜け道を活用したりと少しでも満足度が高まるようにという意識をして運転をしてくれるようになります。

このようにタクシーを利用することでも節約効果が得られる場面があります。
自家用車を持っているもののあまり乗らないという人はいっそ車を手放してタクシー利用をする方が節約効果が高いことも多くあるにです。