定期券を有効活用する方法

積極的に利用したい定期券

定期券というのは電車の利用方法として、もっともリーズナブルに利用できるものです。
電車というのは飛行機のような大幅割引がないものです。

飛行機は、競合他社が同じ路線で就航しているために、価格競争が起こります。
しかし、電車というのはそのほとんどか路線を独占しておりライバルがいません。
そのために価格競争がないので特に料金を引き下げる必要がないのです。

社会人の定期券の利用のコツ

まず、社会人の場合には定期券というのは購入する期間が長いほど割引額が大きくなります。
そのため一ヶ月よりは三ヶ月、半年といったように購入期間が伸びる分だけリーズナブルに購入できます。

ただし、半年分の購入となると、購入時の金額負担が大きくなることと、万が一紛失した際のロスが大きくなるという問題もあります。
紛失については交通機関によってはデポジットを利用して手数料を支払えば再発行してもらえることがあります。
そこで、定期券購入の際には電子マネーにデポジットや記名というものもしっかりしておくことが重要なポイントです。

次に、定期券での移動区間を積極的に利用することです。
買い物に出かける際にも定期券の区間ないで買い物が済ませられないかを考えます。
このように定期券で出かけられれば少しですが交通費の節約ができます。

もしも、定期券での移動ができない場所への買い物であったとしても、途中まででも定期券が使えれば料金の節約ができます。
そこで移動前に乗換案内を見たり、路線図を見ておきましょう。

定期券代の節約の小技

電車を利用している人の中には、乗り継ぎをして通勤や通学をするという人も多くいます。
そのような人は、乗り継ぎをすることで定期代が大幅に値上がりしていることがあります。

もしも乗り継ぎ駅までの距離が短い場合には、その距離を自転車やバイクで移動するだけでも大幅な節約になります。
もちろん、バイクや自転車の駐輪場利用の代金が発生しますから、そこは定期券との金額の比較をすることが重要です。

また、社会人の場合位には定期券の購入の際には自宅の最寄りと会社の最寄りで購入するのが一般的ですが、実はそうしなければならない決まりはありません。
もちろん、会社から支給される交通費はこの会社と自宅の最寄り駅に設定がされるのですが、自分自身の購入については特に取り決めがないのです。

そこで、ジムであったり、買い物であったりで通勤圏外への移動があり、なおかつその頻度が高いという場合には、あえてその区間を超えて購入しておく方がお得になるということもあります。
これも、事前にはみ出て利用する区間の日数とその費用を確認して定期と追加料金を支払うのと、距離を長く定期を購入するのとでどちらがお得なのか計算した上での購入が必須です。