すぐ出来る!トイレの節水術

トイレの水は使いすぎている

私たちの生活の中でトイレというのは必ず行くものです。
節約をしているからといってトイレを我慢するということは難しいものです。

昔の人というのはトイレが汲み取り式であったために、今の水洗トイレであってもいちいち水を流さず貯めるということもあります。
しかし、これは衛生上もよくありませんし、ニオイも気になります。
そこで、利用するたびにトイレの水を流しながらも節水ができないか、そしてそれにより節約ができないかと考えるものです。

簡単にできる節水

トイレの節水として最も簡単なのが小を活用することです。
水洗のレバーというのは大と小とがあります。

多くの人が何も考えず大の水を流してることが多いのですが、実は小で十分に事足りることがほとんどです。
この流す水を大ではなく小にするだけでも大きな節約効果があります。

また、トイレに置いておくトイレ洗剤を活用するのも節水効果があります。
水洗トイレに流れる水が石鹸を含んだ洗浄水となれば、自然とトイレの便器の汚れが減ります。
汚れが減ればトイレ掃除の内容にも変化が出てきて、一度に流す水の量が減らせて節水効果と節約効果とが同時に得られるのです。

一昔前の節約方法で、トイレのタンクの中にペットボトルを入れる方法がありました。
これは危険なのでやめておくべきです。

まずは、このタンクを入れることでタンク内の水が詰まったり、排水がうまくいかなくなったりすることがあります。
そうするとトイレの水が十分に流れずに詰まってしまうことがありますし、トイレのタンク内の水がうまく循環しなくなりトイレの外にあふれたりすることもあります。

このような状態になった場合、自分では修理ができず専門家に診てもらうひつようが出てくることがあります。
そうすると、プロに来てもらえば一度に数万円取られることもありますから、せっかくの節約が無駄となります。

最新式のトイレを導入する

もしも、これから自宅のリフォームをするという場合には、是非とも最新式のトイレを導入するべきです。
トイレというのは用がたせればなんでもいいと思っている人も多いものです。

しかし、トイレによって様々な機能が設けられています。
特に、近年では節水、節約、エコといった発想が流行しているために、これらの機能が強化されているアイテムが増えています。

そのために、最新式のものを導入すれば、水道代や電気代の節約になることも多くあるのです。
もちろん最新式を導入すれば初期投資が必要となります。
初期投資の費用と毎月の節約額とを照らし合わせて、導入するトイレのタイプを選べば上手に節約ができ、なおかつ最新のトイレを利用することができます。

また、人によっては最新式ではなくあえて一つ前のものを導入するという方法をとることもあります。
これもとても有効な節約方法ですから、後悔しないためにも欲しい機能と価格とで総合的に判断をして決めることが重要です。